?縮毛矯正を長持ちさせる方法について

query_builder 2021/11/08
コラム
22

クセ毛を真っ直ぐにすることができる縮毛矯正ですが、アフターケアの方法によってはすぐに落ちてしまうことがあります。
せっかく縮毛矯正をしても、すぐに落ちてしまったらもったいないですよね。
そこで今回は、縮毛矯正を長持ちさせる方法について解説していきます。

▼当日のシャンプーは避ける
以前は縮毛矯正の施術後48時間はシャンプーが禁止されていましたが、今では当日でもシャンプーができるようになりました。
しかし、施術直後は縮毛矯正が安定していないので、効果を長持ちさせたい場合は当日のシャンプーを避けるのがおすすめです。
もしどうしてもシャンプーしたい場合は、美容師に相談してみましょう。

▼髪に優しいシャンプーを使う
施術から数日経ったからといって、いつも通りゴシゴシ髪を洗ったり、洗浄力の強いシャンプーを使うのは避けましょう。
洗浄力の強いシャンプーは、縮毛矯正の薬剤まで一緒に落としてしまう可能性があるので、低刺激のシャンプーを使うのがポイントです。

▼お風呂上がりはすぐに髪を乾かす
濡れている髪はとてもデリケートで、縮毛矯正をしているとさらにデリケートな状態になっています。
そのため、お風呂上がりに髪を乾かさず放置していると、ダメージによって髪がボサボサになってしまいます。
縮毛矯正を長持ちさせるためにも、お風呂上がりはドライヤーを使ってなるべく早く乾かすようにしましょう。

▼まとめ
縮毛矯正の持ちが悪いと感じている人は、アフターケアの方法に問題があるのかもしれません。
今回紹介したポイントを意識して、縮毛矯正を長持ちさせましょう。

NEW

  • 分け目の癖を直すポイントについて

    query_builder 2022/09/03
  • 髪の分け目が薄い原因は?

    query_builder 2022/08/01
  • 美容室と理容室の違いについて

    query_builder 2022/07/15
  • 美容室の予約はアプリが便利

    query_builder 2022/07/01
  • 美容室に行く時の服装は?

    query_builder 2022/06/15

CATEGORY

ARCHIVE